官能小説家−習作−

官能小説、一連の習作を掲載。SMでつながった男女のSMプロットをオムニバス展開。 妄想男の緊縛女への股縄・羞恥責め。M女に調教されたS男のM女育成、恥丘に刺青M女etc.

目次

閲覧は、無料で、成人限定ではありますが自由です。
ただ、著作権は、放棄していませんので、転載等は事前に承認を求めてください。



官能小説家−習作−


屋外でのノーパン、股縄、緊縛、奴隷契約、羞恥責め、自縛、露出、刺青、恥丘、m女、女王様、クンニリングス・・・
成人向けですのでご注意ください。


目次は、項目をクリックして、その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。

※ 目次の項目を選ぶと、古い(最初の)お話から表示します。

※ 下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。


でも、最初の「レイープロット」が全ての始まりです。
6.エリカ様 までが連作になっていますので、
前の話に出てきた脇役が、次の主役になっていたりしますので、
最初から読んでいただけると、登場人物の背景なども分かりやすいと思います。




 1.レイ-プロット       05年6月8日


 2.レイ 続き        07年6月13日


 3.ゆみか−プロット    07年9月17日 


 4.蒲田プロット-後日譚-  08年1月25日 


 5.春香−プロット      08年2月15日 


 6.エリカ様           09年5月1日 


 7.里子             09年10月8日 


 8.タトゥー程口の容子    10年8月25日


 9.プチ官能小説 「夜8時」      11年12月3日


 10.午前1時        12年2月9日


 11.ある孤独−M女が生まれるまで    12年6月1日 


 12.お気に入り画像        14年9月5日 


 13.倒 錯−譲られた女       15年1月23日 


 14.苦辱の華          16年2月12日 


 15.あのかぶ         16年4月28日 


 16.里加、被虐の物語<M女のはじまり> 17年9月1日 


 17.薫子、被虐の物語<悪夢のような> 17年10月20日 


 18.悦子、被虐の物語<S/M仕掛>  18年1月5日


 19.紫(ゆかり)、被虐の物語<ゆかりのかほり>  18年3月2日


 20.アフターパーティ <おもらし久遠寺 涼>  18年4月6日


 21.弥恵、遺書のあと     18年5月11日


 22.由美、被虐の物語<秘密倶楽部>     18年7月17日


 23.志津子、被虐の物語<卍> 上     18年11月5日


 24.松下紗栄子、被虐の物語<空に架かる肉欲> 19年3月2日


 25.望、被虐の物語<望の夢叶うとき>   20年1月31日


 26.癖になりそう   20年11月6日


 27.茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>   20年12月23日


 28.一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>   21年3月10日


 29.女将 (おかみ)       21年10月25日



その日付へ飛んでください。
そこから物語が始まります。




※下まで読み終わったら、「次へ」をクリックすると次の話へつながります。
   「前へ」をクリックすると、前の話に戻ります。


女将 53

武松は、混乱していた。

美和を捨てて、後悔はしていないが、悪いことをしたとは、いくらかでも感じてはいた。
それが、承知の上の芝居だったとは・・・

「じゃあ、美和は捨てられることも分かっていたんだ?」
「捨てられるかどうかは知らなかったと思うけど、最終的には、私に返す約束だったから」

「なぜ、そんなことを」
「何故って?私の旦那を取ったからに決まってるじゃないですか」

「それは、手打ちして仲直りしたって・・・」
「ええ、仲直りしましたよ。美和も結果的には、あの人に捨てられたから」

「じゃあ、何で今更」
「美和との約束というか、仲直りの条件だったから」

「どんな?」
「美和のいい人を、今度は私が奪うって」

「そんなの美和が承知したのか?」

「しましたよ。だから仲直りしたんです。元々そんなに悪い女じゃないし、詫びたい気持ちはあったみたいだから」
「それじゃぁ、美和に男ができたって報告が」

「いえ、私が誘惑してって伝えたんです」
「??」

「あのこ、もう男は作る気あんまりないみたいで、いつまで待ってもいい人現れなかったんですよ」
「それで俺を?」

「ええ、ちょうどいい感じでしょ?」
「なにが?」

「SM好きな男、私は、最初に誘った時から、これだって思ってた」
「獲物を嬲るような感じだな?」

「そんなことはないです。大事な獲物ですから、一番美味しくしていただかなくちゃって」
「それで、一度美和に渡して育ててから取り返したってことか?」

「ええ、美和も、男の良さを味わって未練はあったと思うわ、それを、これからって時に手放すんですからね」
「残酷なやつだ」

「そんなことないわ。美和も昔、私にしたことなんですから」
「俺はどうなんだ?二人の女にいいようにされて」

「ご不満ですか?二人の女に、かしずかれて」
「ん、いや。だが、知っていたらあんなことは・・・」

「据え膳を、断った?」
「そう言われると・・・」

「だれも、ご主人様のこと恨んじゃいないんですから、それでいいじゃないですか」
「でもなー、掌の上で転がされてた感はある」

「悔しい?」
「まあな」


restraint-4634-010

















「じゃあ、私を苛めればいいじゃないですか」
「うーん」

「私じゃ物足りない?」
「そうじゃなくて・・・」

「そうじゃなくて?」
「美和にも見事に騙されていたわけだし・・・」

「美和にも復讐したいって?」
「そういうことに、なるのか、な」

女将 52


初海が先に家の中へ入り、朝起きて横に寄せただけの布団に座って、私の方を見る。
下だけむき出しの無様な格好で近づくと、初海が
「私はどうすればいいですか?」
と訊く。

「そりゃ、俺だけこんな格好しているのは、おかしいだろう?」
「はい」

初海は服を脱いだ、ワンピースだから簡単だ。
それから、私の上も脱がしにかかった。

されるままにしながら、初海の乳首の輪ゴムを見ていたら、弾いてやりたくなる。

ピン!

「エッチ」
と言いながらも、突き出た乳首が、みるみる硬くなっていく。

縄を持ってきて、両手を上に延ばさせて縛る。
拘束するというより、もうその形で嬲ってやるぞという儀式のようなものだ。

xxxxxxtumblr_6nd841rO25S1thu9yxo1_1280



























片側の乳首の輪ゴムを外して、舌で嬲る。
コリッとした乳首を舌で転がしてから、噛んでやる。

布団の上に転がしてから、残りの乳首を指先で嬲る。
そうしながら、口元の乳首を噛んだり転がしたり。

間もなく、初海の太ももがよじれる様に重なるのが視界の端に映る。

片手をローターのスイッチに延ばし、頃合いを見てON。

淫猥な音が、小さく初海の体内から漏れ出る。

「あっ、まだ入ってたんだ」
「なんだ、忘れていたのか?」

「普通にしているときは、あそこって結構鈍感なんです、私だけですか?」
「さあ、知らんね」

「うそ、いろんな人にしてるんでしょ?」
「最初に言った通り、見たり読んだりはしてるが、実際はやって来なかったから知らんよ」

「じゃあ、美和は?」
「言われた通りにして捨てて来た」

「ですから、美和に、同じようなことしたんですかって」
「さあな、色々やったが、忘れた」

「覚えていられないくらいに、いろいろやったんですね?」
「なんだよ?今更」

「やったことは良いんですよ。めろめろにして捨てて来てくださいって提案したのは私ですから」
「そうだよ」

「でも、私には、美和以上のことをして欲しいんです」
「ああ、そういうことか」

「だから、美和にしたことを全部教えてください」
「そんなの無理だよ。一々覚えちゃいないから」

「うそ」
「うーん、全部は覚えてないってこと」

「じゃあ、美和に訊く」
「俺にあんなことさせておいて、ケンカしてるんじゃないのか?」

「してないですよ。今でも時々会ってるし」
「どんな顔して会ってるんだ?」

「普通の顔してですよ。だって、話は聞いてたし、もっとしてやってって、そそのかしてたのは私だし」
「えっ?初海が誰を、そそのかしたって?」

「あの日、美和から、偶然あなたと、してしまったって電話が有ったの。怒らないでって言うから、本当に偶然かどうか疑わしいけれど、もっと勉強させてきてって、頼んだんですよ」
「俺の教育係?美和は?」

「そう実地教育。頭でっかちは役に立たないから。いや、そんな失礼な積りじゃないんですよ、もっと本当に楽しみたかったから。Mの私があれこれ指示するんじゃ様にならないでしょ?」

「うーん」

Archives
ギャラリー
  • 女将 53
  • 女将 52
  • 女将 51
  • 女将 50
  • 女将 49
  • 女将 48
  • 女将 47
  • 女将 46
  • 女将 45
  • 女将 44
  • 女将 43
  • 女将 42
  • 女将 41
  • 女将 40
  • 女将 39
  • 女将 38
  • 女将 38
  • 女将 37
  • 女将 36
  • 女将 35
  • 女将 34
  • 女将 33
  • 女将 32
  • 女将 31
  • 女将 31
  • 女将 30
  • 女将 29
  • 女将 28
  • 女将 27
  • 女将 27
  • 女将 26
  • 女将 25
  • 女将 24
  • 女将 23
  • 女将 22
  • 女将 21
  • 女将 20
  • 女将 19
  • 女将 18
  • 女将 16
  • 女将 15
  • 女将 13
  • 女将 12
  • 女将 11
  • 女将 9
  • 女将 8
  • 女将 7
  • 女将 6
  • 女将 5
  • 女将 3
  • 新規連載―予告― 「女将」
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>14
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>14
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>13
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>12
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>11
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>11
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>10
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>9
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>8
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>6
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>4
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座敷>2
  • 一枝、被虐の物語<赤い照明の奥座>  予告
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>15
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>14
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>13
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>12
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>10
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>9
  • 謹賀新年-5 おめでとう!!
  • 謹賀新年-4 して
  • 謹賀新年-3 ま
  • 謹賀新年-2 け
  • 謹賀新年-1 あ
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>8
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>7
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>5
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>4
  • 茶道師匠、礼子<お道具に魅せられて>2
ブログランキングに参加しました、励みになりますのでクリックを!  ↓ 
ここの画像保存する?  pinterest ☟
QRコード
QRコード
メッセージ

読者の皆様からブログ作者宛に 非公開でメッセージを送れます。 ご利用ください。

名前
メール
本文
ユニークユーザー数アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ